七夕の笹の正しい処分方法 家で燃やすのはOK?

七夕の笹の捨て方って?正しい処分方法3つ 季節の行事

七夕に本物の笹を飾ったはいいものの、捨て方に困ってるという人、けっこういるんじゃないでしょうか。

笹竹って硬いので、燃えるゴミなのか燃えないゴミなのか悩むし…

ていうか、ゴミとして捨てたら何だかバチが当たりそうで気になりますよね。

織姫と彦星に恨まれない、七夕の笹の正しい処分方法をまとめましたので、笹や短冊の捨て方に悩んでる人は参考にしてください。

スポンサーリンク

七夕の笹の処分方法3つ

笹を燃えるゴミとして処分する

1番簡単でスタンダードな方法は、笹を燃えるゴミとして処分すること。

木を剪定して出た剪定枝や枯れ葉、抜いた雑草なんかは、基本的にどの自治体でも燃えるゴミ扱いです。

自治体によっては木の枝や刈草を資源ゴミとして収集し、堆肥として再利用していることもあります。

が、この場合でも竹や笹のように繊維質の多い植物は資源回収していません。

というわけで、竹・笹=可燃ゴミとして出すのが正解。

小さいものであればゴミ袋に入れて、大きいものは自治体指定のサイズ内にカットして束ねて出します。

規定は自治体によりますが、だいたい長さ50~60cm以下、太さ10cm以内と指定してるところが多いみたいです。

処分したい笹が大きい場合は、詳しくはお住まいの自治体のHPで確認してみてくださいね。

気が引ける場合は塩と白い紙でお清めを

七夕に願いをかけた笹を、ゴミ袋に詰めて捨てる…

って、ちょっと気が引けますよね。

そんな時は、笹を白い紙や半紙の上に置き、ひとつまみの塩で清めてから、紙で包んで捨てましょう。

七夕の短冊や飾りも、同様のやり方で処分するといいですよ。

それでもどうしても気になる~!という人は、次で紹介するお焚き上げで処分する方法をおすすめします。

笹をお焚き上げしてもらう

七夕の笹を処分するのに、気持ち的に最も納得できて罪悪感ゼロなのが、お焚き上げしてもらう方法です。

お焚き上げとは、物品をお清めの炎で燃やして天に還すこと。

年末に神社やお寺で、御札やお守りをお焚き上げしてもらった経験のある人もいるんじゃないでしょうか?

年末年始でなくてもお焚き上げを受け付けている寺社もあるので、まずは近くの神社やお寺に問い合わせてみましょう。

基本的に有料なので、料金も聞いておくといいですよ。

わりと大きめの寺社じゃないとやっていないので、行ける距離内にお焚き上げしている寺社がない場合、郵送でお焚き上げを依頼する方法も。

例えばこちらの「みんなのお焚き上げ」というサービスは、レターサイズなら1000円、箱サイズなら5940円から、郵送でお焚き上げを受付してくれます。

レターサイズなら安いので、短冊や飾りだけお焚き上げしてもらって、笹竹は家庭ゴミとして処分してもいいかもしれないですね。

みんなのお焚き上げのHPはこちら≫

笹を自宅で燃やす

最後は自宅で、自分で笹を燃やして処分してしまう方法。

ただこの方法、やり方によっては法律や条例に違反する可能性があるので、注意が必要です。

廃棄物処理法により、自宅の敷地内であっても、家庭ごみの焼却は原則として禁止されています。

ただし、「公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの」については例外としてOK。

要はご近所の迷惑にならない程度ならいいよ、ってことですね。

自治体によっても違いはありますが、焚き火だったり、しめ縄や門松などの行事で使用した飾り物を焚くのは問題ないとしているところが多いです。

日常的にゴミを焼却するのは違法ですが、年に1回、七夕の笹を燃やすくらいなら、基本的にはお咎めなしと考えていいのではないでしょうか。

笹を自宅で燃やして処分したいという人は、自治体のHPでルールを確認のうえ、自己責任で行うようにしてくださいね。

七夕の笹の捨て方まとめ

  • 笹は可燃ゴミとして捨ててOK
  • そのまま捨てるのは気が引ける場合は、塩と白い紙でお清めしてゴミ袋に入れる
  • 神社やお寺によってはお焚き上げしてもらえる
  • 自宅の敷地内で笹を燃やす時は、自治体のルールをよく確認してから行う

昔は七夕の笹飾りを川に流す風習もあったそうですが、今はそんなことしたら間違いなく怒られますね。

個人的には紙に包んで燃えるゴミとして出すのが、1番簡単だし、面倒もなくていいなと思ってます。

町内会や子供会でみんなで短冊を書いた時なんかは、郵送のお焚き上げサービスも良さそうですよね。

短冊だけでもお焚き上げで天に届けば、なんだか願いが叶いそう( ´艸`)

これは完全に余談ですが…

お焚き上げというと、漫画「聖☆おにいさん」で、ブッダのマンガ原稿をお焚き上げで燃やして天界にFAXしていたシーンを思い出す私です。

七夕の笹も、こうして天に還って神さまに届くんですかね~。

書いてる人:タカ子
2児(3歳・0歳)の子育て中の働く主婦。超インドア派で友だちが少ない&ママ友がいないので問題解決はもっぱらネット。ファミコン時代からのゲーマーだけどゲームする時間がないのが悩みです。
季節の行事
スポンサーリンク
シェアする
主婦の便利帳

コメント