虫除けスプレーは飛行機の国内線に持ち込める?スーツケースに入れればOK?

虫除けスプレー缶は飛行機の国内線に持ち込みできる? お出かけ・レジャー

虫除けスプレーって、飛行機に持ち込めるんでしょうか?

結論から言うと、国内線なら虫除けスプレーの機内持ち込み・預け入れとも可能です。

ただし、持ち込みには条件あり!

たいして厳しい条件ではないですが、当日のチェックイン時にもたつかないためにも、念のため事前にチェックしておくといいですよ~。

スポンサーリンク

虫除けスプレーを飛行機の国内線に持ち込む時の条件って?

虫除けスプレーを飛行機に持ち込む時の条件は、下記のように定められています。

  • 不測の噴射を防ぐため、キャップまたは適当な方法でスプレー缶が保護されていること
  • 1容器が0.5キロまたは0.5リットル以下であること
  • 持ち込むスプレー容量が合計2キロまたは2リットル以内であること

この条件を満たしていれば、手荷物での持ち込み、スーツケースに入れての預け入れの両方ともOK。

条件を簡単にまとめると、誤射しないようにスプレー缶をロックすることと、規定内の容量であることの2つですね。

容量制限については、市販の虫除けスプレー缶は容量200ml程度が一般的なので、まあ問題ないですね。

合計2リットル以内の制限にしても、虫除けスプレーを10本以上持っていくなんてシチュエーション、まずないでしょうし。

ただですね、殺虫剤の類は問答無用で機内持ち込み禁止なので要注意です。

殺虫剤は飛行機への持ち込み禁止

蚊を避ける用の虫除けスプレーは基本的に飛行機への持ち込みOKですが、ゴキなどの害虫駆除用の殺虫剤は、量に関わらず機内持ち込み不可です。

殺虫剤の場合は、スーツケースに入れての預け入れもダメ。

境目としては、肌に付けて使うものは持ち込みOKで、虫や場所なんかに噴射するタイプはNGってことみたいです。

ゴキジェットなんかは飛行機には持って行けないので、持ち込みはあきらめて現地調達しましょう。

虫除けスプレーを飛行機国内線に持ち込む条件まとめ

  • 虫除けスプレー缶は条件内であれば、機内持ち込み・預け入れともOK
  • 不測の噴射を防ぐためスプレー缶がロックされていること
  • スプレー1本の容量が0.5キロまたは0.5リットル以下であること
  • 持ち込みする虫除けスプレーの総量が2キロまたは2リットル以内であること
  • 殺虫剤は持ち込み・預け入れとも不可

国際線はまたちょっとルールが違うのですが、国内線なら虫除けスプレーは問題なく荷物として持って行けます。

ちなみにスプレー”缶”ではなく、液状やプラスチック容器に入った虫除けであっても、条件は同じとのこと。

個人的に金属缶の虫除けスプレーは処分が面倒なので、最近はプラ容器に入ったタイプを愛用してます。

去年はディート不使用で低刺激だという、天使のスキンベープを買ってみましたが、なかなか使いやすくて良かったです。

60mlタイプだとキャップ付きでサイズもコンパクトなので、旅行にはおすすめですよ~。

書いてる人:タカ子
2児(3歳・0歳)の子育て中の働く主婦。超インドア派で友だちが少ない&ママ友がいないので問題解決はもっぱらネット。ファミコン時代からのゲーマーだけどゲームする時間がないのが悩みです。
お出かけ・レジャーマナー・知恵
スポンサーリンク
シェアする
主婦の便利帳

コメント