浜松祭り凧揚げ会場の駐車場は?混雑回避のコツと穴場の情報

浜松まつり凧揚げ会場への駐車場&アクセスと穴場情報 イベント・お祭り

写真提供:浜松・浜名湖ツーリズムビューロー

毎年5月に行われる浜松まつり。

浜松市民が熱狂する凧揚げ合戦が見ものですが、問題は駐車場。

なんせ170万人もの来場者が集うお祭りなので、事前に駐車場をチェックしておかないと大変です。

凧揚げ会場である中田島へのアクセスや混雑回避のポイントをまとめました。

意外と知られていない、穴場情報もありますよ~!

スポンサーリンク

浜松まつりの凧揚げ会場には駐車場はない

凧揚げ会場には、観光客向けの駐車場はありません。

車で出入りしているのは、事前に申請して通行許可をもらっている関係者や町内会などの車両です。

最寄りの飯田公園の駐車場に車を停めて、シャトルバスで凧揚げ会場まで移動するのが、車で行ける1番近いアクセス方法になります。

あと、あまり知られていない穴場の駐車場が1つだけあるので、後ほどそれも紹介しますね。

飯田公園の臨時駐車場から凧揚げ会場まで

飯田公園臨時駐車場の収容台数は1200台ありますが、例年すぐ満車になるので、確実に駐車したいなら早めに向かうのをおすすめします。

臨時駐車場の開場は8時から。

凧揚げ会場行きのシャトルバスの運行が9時始発なので、8時ちょうどに行くと小一時間ほどバスを待つことになるんですが…

9時過ぎにのんびり向かうと、満車で駐車できない可能性が高いです。

停められずに浜松市内をさまようことになるくらいなら、多少待ってでも、早めに飯田公園入りしておいたほうがいいかと思います。

飯田公園からはシャトルバスで凧揚げ会場へ

飯田公園からは凧揚げ会場まではシャトルバスを利用します。

特に時刻表などはなく、満員になると発車する随時運行で、乗車時間は約15分。

バスで15分なので、歩くとけっこう遠いと思います(歩いたことないですが)。

こういう送迎用シャトルバスって無料のことが多いんですが、浜松まつりのシャトルバスは残念ながら有料。

大人片道280円、子供片道140円なので、小銭を用意しときましょう。

もし飯田の臨時駐車場が満車だった場合

浜松駅周辺にもコインパーキングがあるにはありますが、浜松まつり開催中は、よっぽど運が良くない限り駐車は絶望的。

基本的に、駐車できるとは思わないほうがいいでしょう。

浜松駅周辺は交通規制もあり、規制エリア内に駐車した場合、時間帯によっては出庫できなくなるという罠もありますし。

混雑を避けながら確実に車を停めるなら…

  1. 浜松駅から1、2駅離れた駅で駐車場を探す
  2. 電車で浜松駅まで移動
  3. 浜松駅からシャトルバスで凧揚げ会場に移動

というルートがいいと思います。

ちょっと面倒かもしれませんが、浜松駅から離れると、交通規制や渋滞に巻き込まれないメリットもありますよ~。

穴場!卸本町の浜松まつり無料駐車場

なぜかあまり知られてない気がするんですが、卸本町の卸商業団地内に、浜松まつり無料駐車場が設営されます。

正確な収容台数はわかりません(スミマセン)が、けっこう広いし、何より飯田公園のように混みません。

卸本町まで行けば、案内の看板も出てます。

凧揚げ会場までは歩いて20分ほどかかるので、近いとは言えませんが、駐車場の数が少ない浜松まつりでは貴重な穴場。

駐車場近くにはタクシーもいるので、徒歩が嫌な人はタクシーも使えます。

なお、団地内に路駐すると迷惑ですし、駐禁も貼られて泣くことになるので、良い大人は路駐は控えましょう。

浜松まつりの駐車場情報まとめ

  • 凧揚げ会場には一般車両用の駐車場はない
  • 飯田公園の無料臨時駐車場からシャトルバスを使うのが王道
  • 飯田公園の駐車場は一瞬で満車になるので、行くなら開場と同時がおすすめ
  • 実は卸本町の卸商業団地にも無料駐車場がある
  • 卸商業団地から凧揚げ開場までは徒歩20分、あるいはタクシーも利用可
書いてる人:タカ子
2児(3歳・0歳)の子育て中の働く主婦。超インドア派で友だちが少ない&ママ友がいないので問題解決はもっぱらネット。ファミコン時代からのゲーマーだけどゲームする時間がないのが悩みです。
イベント・お祭り
スポンサーリンク
シェアする
主婦の便利帳

コメント