黒部市ランチの個人的ランキング20 定食からお洒落イタリアンまでレビュー

黒部市のランチで美味しいのはどこ?個人的おすすめランキング お出かけ・レジャー

東京から黒部に来て2年。

だいぶ黒部市内のランチも食べ歩きましたんで、個人的ランキングにしてみました。

なお、ランキング形式にはしましたが、おすすめ度は正直どこも同じくらい。

美味しい順というよりは、行った回数が多い順って感じです。

味やメニューはコメントに詳しく書きましたので、それを参考にお好みのお店を見つけてもらえればと思います!

スポンサーリンク

黒部市内のおすすめランチ個人的ランキング

1位 レストラン・ジェノバ(洋食)

黒部に来てから1番多く通ったであろうお店が、こちらのジェノバ。

食べログの評価が★3.04しかないんですけど、もっと評価されるべきだと思うのは私だけ?

そんじょそこらのお店よりダントツで美味しいんですけど!

コロッケとか唐揚げとかポークソテーとか、揚げ物やお肉中心のガッツリ系の洋食屋さんです。

料理のひとつひとつに工夫がされていて、家庭の味とは違うプロの技を感じます。

こってりめのメニューが多いけど、味付けが濃すぎず薄すぎずで絶妙だし、お肉はいつも柔らかく焼いてあるし、カニクリームコロッケはハーブっぽい風味が効いてるし…。

要するに何を食べてもうまい。

コスパが1番いいのは日替わりランチで、主菜・副菜・お味噌汁とバランスも良し。

※日替わり以外だとお味噌汁は別料金なのです。

しかしボリューム満点のベイクドライスも捨てがたい。

醤油味のチャーハンというか、焼き飯なんですけど、香ばしさが絶妙で、ガツガツ食べたくなる旨さなんですよ。

トッピングをいろいろ選べるんですが、私はマヨネーズ唐揚げが好きです。

このマヨネーズがほんのり甘くてコクがあって、また妙に美味しいんですよね。

ランチタイムはガタイのいい男性客が多いですが、女性もいます。

女性人気No.1のクレオパトラは、ナポリタンにホワイトソースを乗せて焼いたスパゲティグラタンなんですが、これも美味しい。

ホワイトソースにコクがあってまったりしていて、倍量で食べたいくらいです。

2位 レストラン パ・ド・ドゥ(洋食・イタリアン)

市民会館的な多目的ホール、コラーレの中にある欧風レストラン。

広々した空間で天井が高く、いつ行ってもそんなに混んでないので、ゆっくりランチできます。

スペース的に、黒部市内では1番ゆったりした飲食店じゃないかなあ?

それに加えて食材の産地が入り口の黒板に公開されているのも安心できて、子連れでも行きやすいお店。

コラーレ内に授乳室やおむつ交換台もあるので、赤ちゃんも連れて行けます。

ランチメニューはパスタや欧風カレー、オムライスなどの洋食中心。

メニュー自体に珍しさはないですが、ホテルのレストランで食べるような正統派かつ上品な味わいです。

カレーはトマトが効いていて市販のカレールーとはぜんぜん違う味わいだし、オムライスは卵トロトロ~。

ただね、ちょっと量が少ないんですよね。

少食の人や年配の方にはいいのかもしれないけど、私や夫は量が物足りない。

一応ご飯の大盛りはできるんですが、白いご飯が大盛りになるだけで、ルーやおかずの量は変わらないので、カレーなんかだと最後ご飯が余る…。

大盛りにするならオムライスかドリアがおすすめです。

もうちょっとボリュームがあるか、追加注文できる安価なサイドメニューがあればもっと通うんだけどな~と、いつも思ってます。

3位 かつ兵衛黒部店(とんかつ)

とんかつを食べるならここ一択!の黒部の美味しいとんかつ屋さん。

揚げ方が上手で、衣はサクッとお肉はジューシー。

定食メニューを頼むと1500円くらいするのですが、ランチタイムには1000円以下のランチメニューも充実しています。

つい目移りしてランチメニューじゃないセットメニューを注文することも多いんですが、お値段相応に美味しいので満足。

定番のとんかつはもちろんですが、レディースセットに入っているレンコンのチーズフライとか、メンチカツとかも捨てがたいんですよねえ。

あ、カツ丼はいまいちだったかな…。

あとカツカレーはめちゃくちゃボリュームがあるけど、カレーの味が普通過ぎるので、もう一工夫欲しいところ。

なんで、キャベツが付いてくる定食系メニューが個人的にはおすすめです。

ここはキャベツ食べ放題なので、山盛りのキャベツを食べていると、揚げ物を食べまくる罪悪感が少し和らぐ気もして…。

ご飯が白米と十五穀米から選べるところも好きです。

ランチタイムは平日でも満席になるくらい混むので、行くなら早めがおすすめ。

11:30くらいまでに行けば、待たずに入れると思います。

夜までぶっ通しで営業してるので、遅めに行くのもあり。

4位 氷見きときと寿し(寿司)

ほぼ毎週のように子連れで通っている、回転しそうでしてないお寿司屋さん。

回転寿司のような店構えですが、実際にはお寿司は回っておらず、オーダーしたお寿司がレーンに乗ってやってくる仕組み。

よっぽど混んでない限り、注文してすぐに来るので、待たせられない子供がいる時のランチや、限られた時間でのランチにいいと思います。

地物のお魚を使っているので、安くて美味しい!

大人並みに食べる3歳児を連れて行っても、3人で3000円行きません。

初めて行った時は正直そこまで美味しいとは思ってなかったんですけどね。

この近辺にある「はま寿司」「スシロー」と食べ比べてみると、きときとがダントツで美味しかった。

いつも必ず食べるのは、ぶり塩あぶり。

きときと寿しのぶり塩あぶりの写真

2貫で180円の安さとは思えない。

これを食べにきときとに行くと言っても過言ではありません。

娘は「あぶりぶりぶり」と呼んでいますw

サイドメニューも意外とレベル高くておすすめ。

特に揚げ物が上手で、ぶりカツとかタコやイカゲソの唐揚げとか、どれもハズレがありません。

きときと寿しのぶりカツの写真

何気にコストパフォーマンスが高いのがお味噌汁で、大きな平椀にたっぷり入って出てきます。

入り口ではロボットのペッパーくんが出迎えてくれてたんですが、最近リストラされたのか、いなくなりました。

まあね、突っ立ってお喋りしてるだけだったもんね。

ちなみにペッパーくんは近くにあるはま寿司にもおりまして、こちらのペッパーくんは働き者です。

5位 8番らーめん(ラーメン)

きときと寿しの隣にあるチェーンのラーメン屋さん。

ここもね、正直最初に食べた時は、「普通~」くらいにしか思わなかったんですよ。

それが今では週1くらいで通っている…。

なぜなら8番ラーメンとは、「家では食べられない美味しいご飯を外食に行く場所」ではなく、「普段のご飯を食べに行く場所」だからです。

8番ラーメンのラーメン屋としての味は、至って普通でございます。

インスタントとかフードコートのラーメンと、正直大差ない。

でも、国産素材へのこだわりという安心感と圧倒的な野菜の量により、ラーメンを食べるという罪悪感がなく…

むしろ下手な弁当や定食より身体に良い気すらするのが、8番のラーメン!

通常でも1日に必要な1/2量の野菜が乗ってるんですが、野菜増しオプションを付けるとこれが2倍になって、すごいボリュームです。

(食べても食べても麺が出てこない)

もやしで増量するんじゃなく、国産キャベツがたっぷり入ってるのが嬉しい。

スープがいろいろ選べますが、個人的にはこく旨らーめんがダントツで美味しいと思うので、野菜こく旨らーめんに野菜盛りオプションを付けるのが定番です。

ラーメンを食べに行くというよりは、野菜を食べに行く店。

黒部市内でランチに行くその他のお店

藍菜坊(中華料理)

あいの風とやま鉄道の黒部駅近くにある、アクアホテル黒部内の中華料理屋さん。

中華だけど油っこくなく、味も薄味であっさりしていて食べやすいです。

そのせいなのか、ホテルという場所柄なのか、年配のマダムのグループをよく見かけます。

ランチでも1000円を超えてしまうメニューが多いですが、主菜・ご飯・サラダ・副菜(ザーサイ)・デザート・コーヒー(セルフ)と品数が多いので、満足感はあり。

もう200~300円安いと通いやすいんですけどね。

小さなカレー工房カントリーキッチン(欧風カレー)

金土日しかやっていない、隠れ家的なカレー屋さん。

本業は「黒部名水カレー」というレトルトカレーの製造で、黒部市内のスーパーやお土産屋さんでも売っています。

店内は英国調のインテリアで統一されていて、黒部には珍しい優雅な雰囲気。

お店で出てくるカレーはレトルトではなく、オーダーを受けてから一皿一皿手作りされるもの。

丁寧に作られたカレーは、とても繊細で上品な味で、手間暇かかっているのが伝わってきます。

メニューも意外と豊富で、ビーフやポークなどのお肉違いの他、焼きカレーやオムカレーなどのアレンジメニューも。

人里離れた場所にあるのと、出てくるまでに時間がかかるので、時間に余裕がある時にゆっくりと行って欲しいお店です。

黒部そば屋(蕎麦)

そば粉100%の十割そばが食べられるお店。

ボソボソしてなくてなめらか、かつ香りの良い美味しいお蕎麦が食べられます。

かき揚げ蕎麦が好きだったんですが、ランチメニューからなくなってしまったのが残念~。

天ぷら類がサクッと揚がっていて美味なので、天ざるがおすすめです。

スコールライト(マクロビ・お弁当)

パッシブタウンのジム内にあるカフェ。

実際にはカフェというより売店コーナーって感じです。

店内でもランチできますが、カウンターのみだし狭すぎて落ち着かないので、いつもお弁当を買ってます。

小麦、乳製品、卵、白砂糖、添加物を使わないというヘルシー系のお弁当ですが、意外としっかりボリュームがあり、食べごたえあり。

野菜がたっぷり入ってるし、味付けも薄味ながら一工夫効いていて物足りなさがなく、美味しいのです。

カップで付いてくるお味噌汁も具だくさんで、お得感あります。

ただ、お弁当を買えるタイミングが難しくて、早く行き過ぎるとまだ出てないし、遅く行くと売り切れてるのが玉にキズ。

店員さんに聞いたのですが、事前にお願いすれば取り置きや予約もできるそうです。

風車(定食)

昭和レトロな喫茶店。

530円の日替わりランチを始め、リーズナブルなお値段でランチが食べられます。

何気にランチメニューが豊富で、オムライスだけでもミートソースとホワイトソースとカレーと何種類もあったり。

値段や店構えから、味はそんなに期待してなかったんですが、どのメニューを頼んでも「予想してたよりちょっと美味しい」です。

店内はあまり広くないし小奇麗でもありませんが、この古臭さが、かえって落ち着くという人も多いんじゃないかな。

常連らしき年配男性たちが、新聞片手にランチしている姿をよく見かけます。

安くて美味しいランチを食べたい人におすすめ。

まつみ食堂(定食)

安いと言えばこちらもどうぞ、なのが、まつみ食堂。

500円ランチが安くてボリュームあります。

味はまあ…普通かな。

ご飯がすっごい量が多いんですが、炊きたてではないのか、いまひとつ美味しくない。

でも安いしメニューも数が多いので、この値段でこれならOK!って感じの、学食的なお店です。

めしやつかさ食堂(定食)

生地にある定食屋さん。

焼き魚とか丼ものとか、1000円以下の定食がいろいろありますが、味は可もなく不可もなく…。

スーパーのお惣菜やお弁当と変わらないレベルかなあ。

13:00以降はカラオケができるせいか、シニアの皆さんのサロンみたいになってます。

手打ちそばはなと本店(うどん・蕎麦・丼)

ランキング3位で紹介したとんかつ屋さん、かつ兵衛の隣にある和食レストラン。

黒部さんのそば粉を使った自家製そばや、鍋焼きうどんがメインです。

お蕎麦は黒部そば屋ほうが美味しいので、食べるならうどんがおすすめかな。

黒部そば屋は、とにかく蕎麦しかない!って感じなんですが、こちらは丼とのセットメニューや一品料理もあったりするので、選べる楽しさがあります。

麺屋なると(ラーメン)

濃い味系のラーメン屋さんで、ランチタイムはガタイのいい男性でいっぱい。

私は家系ラーメンが好きなんですが、ああいうこってりを期待していたら、ちょっと違った。

なんだろ、濃いというより、しょっぱい?

黒部では人気の高いラーメン屋さんですが、個人的には普通かなあ…。

家系好きなら、お隣の魚津市にある「むてっぽう」がおすすめです。

キングカレー(金沢カレー)

店構えや名前の通り、千切りキャベツとカツが乗っかった、金沢カレーが食べられるお店です。

ゴーゴーカレーじゃないですよ、キングカレーなんですよ。

味は…うーん……

すみませんが、ゴーゴーカレーの劣化版って感じでした。

これで安いならまだ良いんですが、そういうわけでもないし、1回行ったっきりです。

北陸風のカレーが食べたいなら、ここじゃなく魚津のインデアンカレーがおすすめ。

何がどう美味しいのかよくわからないんだけど、インデアンカレーは何度も行っちゃう味。

※閉店になったようです。

モルトボーノマハロ(イタリアン)

石田の海沿いにある、生パスタのお店。

ここの特徴はパスタの種類が多いこと、注文から出るまでがめちゃくちゃ早いこと、麺が生パスタであること。

あとはランチセットのボリュームがすごい!

かなり大きなバゲットが付いてきて、食べごたえとお得感があります。

味はぶっちゃけファミレスっぽいというか、本格的なイタリアンって感じではないのですが、万人受けするお店ではあると思います。

実際、お年寄りのお客さんが意外と多い。

奥のほうに靴を脱いであがれるスペースがあったり、子供向けメニューがあったりで、子連れでも行きやすいお店でもあり、ママ友のランチ会っぽいグループもよく見かけます。

ピッツァテット(イタリアン)

黒部には珍しい、お洒落な雰囲気のレストラン。

お冷にレモンが入っていたり、石窯焼きのピザがあったり、女子受けが良さそうなお店です。

実際かなり人気があって、お昼時はすぐ駐車場が満車になってますが、味は普通だと思いました。

私は外食するなら、お家では作れない本格的なイタリアンが食べたいんですが、黒部のイタリアンはどこもファミレスっぽいんだよなー…。

アルコ(イタリアン)

こちらも良い意味で黒部っぽくない、高級感のあるイタリアンレストラン。

パスタランチ1500円、ピザランチ1800円と値段もこのへんにしては高めです。

でも、味はやっぱり普通…。

デザートまで付いてくるのは嬉しいですが、パスタの量が少なくボリュームもいまいちだったりで、値段のわりには不完全燃焼感がありました。

ホテルっぽい高級感のあるお店は黒部近辺では貴重なので、デートやゲストのおもてなしには良いと思います。

パスタカサリンガ(イタリアン)

桜井高校の近くにある、生パスタのお店。

…なんですが、安価なランチメニューは乾麺のパスタのみで、生パスタはなし(えー!)。

イタリアの家庭料理!という感じの素朴な味で、黒部のイタリアンではここが1番美味しいと思うのですが、いかんせん値段がランチ向きじゃない。

それだけ手間がかかってるのでしょうが、生パスタを頼むと1500~2000円くらいしちゃうんですよね。

で、そこまでして食べたいほどでもないという…。

1000円くらいで生パスタが食べられるランチがあれば、もっと通うんですけどね。

YKKセンターパーク(コーヒー・軽食)

黒部の支配者YKKの展示施設、センターパーク内にあるカフェです。

かなり広いのに人がいないので、ゆっくりできます。

東京都内とかと違って喫茶店やコーヒーショップがない黒部では珍しく、本やパソコンを片手にコーヒーが飲める場所。

ランチタイムには、ここでも紹介したカントリーキッチン製の名水ポークカレーが食べられます。

美味しいけど、800円にしてはボリュームが足りず、ランチというより軽食という感じでちょっと物足りない。

ランチメニューの種類が増えるか、もう100円くらい安ければ行きやすいんだけどな~と思います。

書いてる人:タカ子
2児(3歳・0歳)の子育て中の働く主婦。超インドア派で友だちが少ない&ママ友がいないので問題解決はもっぱらネット。ファミコン時代からのゲーマーだけどゲームする時間がないのが悩みです。
お出かけ・レジャー料理・食
スポンサーリンク
シェアする
主婦の便利帳

コメント